タコでイルカなわたし。

タコでイルカなわたし。

「好きな海の生物は?」と聞かれたら、タコとイルカで迷ってしまう。宇宙から来た生命体のようなフォルム、変幻自在に擬態するタコ。高いコミュニケーション能力、気持ちよさそうに飛びはねるイルカ。

どちらにも憧れの気持ちがある。そして、どちらにも自分と似ているなあという箇所がある。

ぼくの中には、タコのように隠れたい気持ちとイルカのように見てほしい気持ち、どっちもあるのだ。

多くの人の目線が寄せられると、恥ずかしい気持ちになってタコのように背景と同化したくなる。

たとえば、みんながぼくの話を聞いているときなんかは、できるだけ早く終わらせるために話を端折ってしまう。最近、読んだ小説をどんな小説か説明をしたのだが、物語を端的に説明すると、おもしろくないことに気がついた。相手に「おもしろい」と思ってもらうためには、話を端折ってはいけない。そうとわかってはいても、隠れたい気持ちが大きい。

そんなタコのくせして、イルカのような気持ちもあるから面倒くさい。イルカのように水面から飛びはねて「ぼくのことを見てよ」という気持ちだ。

イルカのあのジャンプは、ほとんど「遊び」だという。でも、「求愛」も含まれるという。「水面に飛びはねて誰に求愛をしているんだ」と思うだろうが、あれは水の中にいるメスに「気泡」でアピールをしているのだ。飛びはねて着水したときにできる「気泡」の量が大事なんだそう。

でね、なんでこんな話を書いたかというと、ぼくが今やってる展示「WATER」に来てもらって、ぼくというより、ぼくの絵を見てほしいからなんです。展示は原宿のカフェ「bio ojiyan cafe」でやっていて、8月31日までです。8月30日、31日は似顔絵のイベントもやってるので、ぜひ来てくださいってことなんです。

えっ、どんな絵かって?、まあ来ればわかりますよ、そんじゃ。(タコ)。見てね、来てね、見てね(イルカ)。

今日も読んでくれてありがとうございます。
あなたの中には、タコとイルカいるでしょうか?

マスダヒロシ 個展「Water」bio ojiyan cafe 原宿本店
Hiroshi Masuda Exhibition "WATER" 個展 マスダヒロシ bio ojiyan cafe Harajuku

感想を送る

マスダヒロシ
マスダヒロシ

The U 編集長/グラフィックデザイナー/イラストレーター 1987年埼玉県生まれ。2017年から1年半世界76カ国を旅をして、当たり前は時代と場所でひょいっと変わることを知る。イラストのご依頼お待ちしております。Instagram @hiroshimasud